便利屋-探偵-TOP > 探偵の料金
探偵に調査を依頼しようか考えたときに、もっとも気になることN0.1は「費用」でしょう。探偵に調査を依頼する時には高額の調査料金がかかるイメージがあると思います。
もちろん、長期に渡って調査を進める場合は相応の費用がかかりますが、費用を抑えたり、日数を限定したり依頼者様の要望や予算に合わせて様々な料金体系をご用意しておりますので、ご安心ください。

基本的な料金体系

探偵社では、調査を成功させるために様々な方法で調査に取り組みます。その中でも尾行、張り込みなどの調査員が動いて調査を進めることが基本的な方法です。そのため、調査料金の大部分は人件費になります。それ以外の諸経費として、調査中に発生する交通費(電車代や車のガソリン代など)や証拠を押さえるための機材代、場合によっては宿泊費など諸々の経費が発生します。
また、パックプランをご利用頂いた場合、プランに含まれる時間を超過した時は、超過料金が発生します。
探偵社の調査料金=基本料金(調査員1名の料金×人数×時間)+諸経費(車両・機材費+経費)で計算されるのが基本的な考え方です。

基本料金・・・着手金、深夜早朝割増、危険手当 等

諸経費・・・交通費、宿泊費、燃料費、高速代、通信費、機材費、報告書作成費 等

調査実施における調査員の必要人数

例えば通常の尾行調査を行う場合は、調査対象者を見失うことがないよう、最低でも2~3人の調査員で調査を行います。
長時間に渡る張り込み、建物の表口と裏口に調査員を配置、駅の出口に待機など複数に人員が必要な場合は、必要に応じて調査員の数が変わります。また、調査対象者が目的地への移動手段が不明の場合は、いくつかの移動手段を予測して待機しておく必要があります。

さまざまな料金プラン

調査目的や調査方法に合わせてワンズスタイルでは3つのプランをご用意しております。それぞれにメリット・デメリットがございます。詳しくはお問い合わせください。

  • メリット

    費用が明瞭で短期間の調査向け。

    デメリット

    長期間の調査になると 割高になってしまう。

  • メリット

    時間当たりの費用が割安になる。

    デメリット

    調査が予定よりも短期間で 終わった場合は割高に。

  • メリット

    調査成果に応じた料金支払が可能。

    デメリット

    成果報酬の費用が状況によっては 割高になるケースもある。

料金の相場

よくある調査内容に合わせた総額の調査費用の相場です。やはり、調査時間や必要な調査員の数で料金が変わって参ります。調査を依頼頂く場合には、できるだけ調査対象者の詳しい情報がある方が料金を抑えられる可能性もございますよ。

浮気調査の場合

  • パートナーが、浮気しているかどうか確認したい

    調査対象者の行動を調べるだけなら1〜2日程度で調査が可能です。
    1〜2日の間でパートナー不貞の証拠が取れる場合もあります。

    10~20万円前後

  • 「不貞の証拠」をとって慰謝料請求がしたい

    調査対象者の行動を数日間、調査する必要がございます。ホテルの場合は1度の撮影で証拠になりますが、家やビジネスホテルなどになりますと複数回の撮影が必要となります。

    20~40万円前後

  • 浮気相手に慰謝料請求がしたいが 相手の住所を知らない

    不貞の証拠を撮影した上で、相手の勤務先や住所等の調査が必要となります。さらに調査日を追加する必要があります。

    40万円前後

素行調査の場合

  • 営業マンの外出中の行動を調べたい

    営業の社員様の動向を調査いたします。指定の1日の調査で完了する場合もありますが、1〜2日の調査を行えば、ある程度の行動が判明します

    10万円前後

  • 離れて暮らす家族(夫・妻・子供)の生活を知りたい

    単身赴任中のパートナーの行動や一人暮らしの子供の行動などの調査が可能です。遠方での調査は本人確認も必要なため、数日の調査が必要な場合があります。

    10~40万円前後

  • 旦那の帰宅時間が遅いので本当に仕事か調べたい

    勤務先や出張先からの行動だけであれば1日で完了します。調査を希望する日数で調査料金が変動します。

    10~50万円前後

まずはお問い合わせを

調査料金については依頼者樣の希望する内容によって大きく料金が変動します。後々調査内容に不足が無いよう、予め調査の打ち合わせが必要となります。
相談は無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。

ご案内